法務局における自筆証書遺言保管制度の創設について

自筆証書遺言を作成した方は、法務大臣の指定する法務局に遺言書の保管を申請することができます。

遺言者の死亡後に、相続人や受遺者らは、全国にある遺言書保管所において、遺言書が保管されているかどうかを調べること(「遺言書保管事実証明書」の交付請求)、遺言書の写しの交付を請求すること(「遺言書情報証明書」の交付請求)ができ、また、遺言書を保管している遺言書保管所において遺言書を閲覧することもできます。

関連記事

  1. 遺言と相続 戸籍法の改正
  2. 遺言と相続 預貯金口座管理制度
  3. 遺言書なんてまだ早い、、、
  4. 介護の苦労が報われない!?
  5. 遺言と相続 相続争い
個人の方は不要です。
PAGE TOP